海外勤務経験を経て、さらにキャリアアップを目指す!

ニュージーランドで人材が不足している分野において、経験豊富な方や、有資格者、専門分野における高い学歴を持っている優秀な方が長期海外滞在できる部門です。申請者は、過去の職歴、学歴、資格、年齢などで点数化され、その点数が移民局の定める基準を満たせば、ビザの取得が可能です。すでにニュージーランド国内での職歴や学歴を持つ方のほうが優遇されますが、海外から申請することも、決して無理ではありません。ただし、大学卒の学歴とニュージーランドでの雇用内定がなければ、合計点数が基準を満たすのは極めて困難です。

また、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、アイルランド、イギリス、アメリカなどで、一定の基準に相当する大学の資格を取得していない場合、技能移民部門の申請には、移民局が定める英語能力テストで規定以上の英語力があることを証明する書類を添付することが必須となります。

申請条件の要点

・健康であること

・犯罪歴がないこと

・移民局が定める基準点を越えていること

・英語力(IELTSで平均6.5以上又はTOEFL IBTで79以上又は海外の大学卒業など移民局が定める英語能力があると証明)

・申請時、55歳以下であること

Online Ad