海外でビジネスを発展させ、社会に貢献する!

ニュージーランドでビジネスを始めたい方は、起業家ビザを申請することが可能です。年齢制限がなく、学歴も問いません。投資額が多いか、またはフルタイムワーカーの雇用が多ければ、事業経験があまりなくても、移民局が定める点数の基準を越えることは可能です。一般的には、年齢や事業経験、投資額や雇用の見込みなどで点数を加算して、一定基準以上あることが申請条件となります。また、投資資金は10万NZドル以上あることと、財務予測を含む詳細な経営計画を移民局にある専門部署に提出する必要があります。ビザが発行されて12か月以内に、ニュージーランドで事業の設立または買収が必要です。移民局から、事業が正式に設立・開業されたと認められれば、事業を2年続けることを条件として永住権の申請ができます。事業は、新しい技術やサービスを提供できること、または高成長の見込みがあること、あるいはニュージーランドの輸出に貢献できることなどを経営計画に示すことが望ましいです。

申請条件の要点

・健康であること

・犯罪歴がないこと

・移民局が定める基準点を越えていること

・10万NZドル以上の起業資金

・詳細な経営計画があること

・経営破たん、倒産、詐欺行為の経験がないこと

・英語力(IELTSで平均4.0以上又は移民局が定める英語能力があると証明)