パートナーも主申請者と共に申請できる!

ニュージーランド国籍者または永住権保持者の配偶者、パートナー、扶養義務のある子供などの家族は、家族部門でビザ申請することが可能です。パートナーとして申請が可能なのは、ニュージーランド国籍者または永住権保持者と最低12か月の婚姻関係や、誠実に安定した生活を共にしていることが条件ですが、例外的に12か月以下の期間でもビザの取得が認められる場合はあります。扶養義務のある子供に関しては、申請者本人が未成年であるか、あるいは成人していてもなんらかの事情で親から経済的なサポートを受けている場合、家族部門でのビザ申請が可能です。ニュージーランド国籍又は永住権保持者と血縁関係にない方でも、技能移民部門、起業家部門、企業内転勤ビザなどでニュージーランドに長期滞在する主申請者の家族であれば、主申請者と同じ滞在期間のビザ申請ができます。

申請条件の要点

・子供の年齢、主申請者のビザ種類などによる