海外留学とIELTS

日本から外国への留学生の数は、近年、減少し続けているといわれています。でも本当にそうなのでしょうか?今まであまり留学生がいなかったが、最近初めて交換留学プログラムを紹介したという大学が増えています。政府も「2020 年までに日本人の海外留学者数を倍増」させるという目標を掲げています。このような需要の増加の背景には、義務教育での英語の強化や、国際化するマーケットで活躍できるグローバル人材の不足といった要因があります。

留学のためのビザですが、ニュージーランド・カナダ・イギリス・オーストラリア・アイルランドの政府とほとんどの高等教育機関で英語力をIELTSスコアで証明する必要があり、アメリカでは多くの大学でも認定されています。IELTS試験本番の前に、模擬試験はおすすめの準備方法です。公式のIELTSテストに即した「テスツル」のオンラインIELTS練習システムは、現時点のレベルを判定し、 認定されたIELTS試験官によって詳細に分析および評価を行います。その結果、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングのスキルを磨き、英語力の上達を目指せます。

詳しくは、www.testuru.com/japanをご覧ください。

The conventional wisdom is that outbound exchange students from Japan are on the decline. But evidence from schools and universities here suggests otherwise, as more institutions with a low study abroad profile introduce exchange programs for the first time. The Japanese government has also set a new goal to double outbound numbers in the coming decade. Factors behind this build-up in demand include a stronger focus on English language in compulsory education, and an expected ongoing shortfall of staff able to cater to internationally-driven markets.

Governments in Australia, Canada, New Zealand and the United Kingdom use IELTS to assess English proficiency for immigration applications, including many student visas. Before students take the real IELTS test, we recommend that they attempt mock tests online to prepare. The Testuru online practice IELTS system allows students to self-assess their current IELTS level and offers mock tests and practical feedback from qualified IELTS examiners. As a result, students can improve skills in listening, reading, writing and speaking. For further information, please visit www.testuru.com/japan

Online Ad